Skyward EDGE Consortium

~人材育成のための共創エコシステムの形成~

イベント開催報告

スタンフォード大学d.school講師による、デザイン思考ワークショップを開催しました

2019年3月9日(土)9:30- 18:00 / 10日(日)9:00- 18:00

WASEDA-EDGE人材育成プログラムは、米国スタンフォード大学d.schoolより講師をお迎えし、2日間にわたるデザイン思考を活用したアイデア創出ワークショップを開催しました。
ワークショップには、早稲田大学、東京理科大学から、文系理系を問わず多様なバックグラウンドや専門を持つ学部生、大学院生、社会人学生が参加しました冒頭では、WASEDA-EDGEによる海外武者修行プログラムでイスラエルに派遣された早稲田大学学生からの報告と、WS参加者との質疑応答を行いました。
WSでは、「東京の地震への備えを再デザインする」というテーマで、4人ずつのグループに分かれて街頭インタビューやプロトタイプ作製などに、2日間にわたり取組みました。

■講師Lecturers

Scott Witthoft

Professional space and product designer; former Fellow and current lecturer at the Stanford University d.school. Scott is author of the book “Make Space,” a tool for designing collaborative spaces. He has a professional background in structural engineering.

David Janka

Design consultant and creative strategist; former Fellow and current lecturer at the Stanford University d.school. David has a medical degree from Stanford and works to integrate design thinking principles into medical education, healthcare delivery, and medical device design.

<受講者の声(一部抜粋)>(参加者32人)
・It definitely went above my expectations. It was an amazing and new experience for me.
・I’d say it met my expectations, probably exceeded them even. There were many tools and good guidelines to follow prior to brainstorming a solution.
・I really liked the idea of interviewing people.
・I think what I took away most from the workshop is the idea of focusing on the needs of the work/person/situation rather than on the end solution. I think that's a very valuable way of thinking.
・I'm thinking of taking the design thinking into daily work and study.


イスラエル武者修行プログラム受講者からの報告

グループでのアイデアブラッシュアップ

プロトタイプ作製・発表

講師からのフィードバック

参加者全員の集合写真