Skyward EDGE Consortium

~人材育成のための共創エコシステムの形成~

イベント詳細

2019/08/28 - 08/30

山形県飯豊町×Skyward EDGE 2019年度コンソーシアム合同プログラム

5大学の学生が力を合わせて地域イノベーションを起こす!

申込み受付終了しました。多数のお申込みありがとうございました。

2019年度より、Skyward EDGE コンソーシアムを構成する、滋賀医科大学、東京理科大学、山形大学、多摩美術大学、早稲田大学の5大学による合同プログラムがスタートします。
テーマは「地域イノベーション」。
山形県飯豊町を舞台に、5大学の学生が力を合わせて、地域活性化につながるビジネスアイデアの創出に取り組みます。

飯豊町とは…
山形県の南西部に位置する人口7000人超の町です。東北アルプスとも称され、「飯豊連峰」、「田園散居集落」、「中津川地区の里山風景と里山文化」の3つの地域資源により「日本で最も美しい村」連合に加盟しています。しかしながら、人口減少と少子化、高齢化、都市部への人口集積とグローバル化の進行による農村の地域力の縮小という課題を抱えています。冬は豪雪地帯としても有名です。
飯豊町について学びながら、多様性の高いチームで新しい地域ビジネスを一緒に考えましょう!

*本イベントは、事前登録必須です。こちらから登録してください。

申込みは締め切りました
開催概要
■主 催:

Skyward EDGE コンソーシアム

■協 力:

飯豊町

■参加者:

参加者は各大学ごとに募集しています。申込フォームからは、早稲田大学の学生からのみお申込みを受付けています。

・滋賀医科大学、東京理科大学、山形大学、多摩美術大学、早稲田大学の学生(各大学定員4名)

・飯豊町地元企業、町民、役場職員(予定)

・大学教員(予定)

■定 員:

4名(申込〆切後、選考実施)

■締 切:

2019年6月14日(金)17:00

■参加費:

無料 (飯豊町までの往復交通費、2泊分宿泊費 支給。現地での食費は自己負担です)

■スケジュール(2泊3日):

混合チーム(1チーム5名)を構成し、i.schoolの手法を用いて、飯豊町の地域活性化を促すビジネスアイデアを創造します。

・日程 :2019年8月28日(水)~8月30日(金)
・場所 :山形県飯豊町

8月28日(水)
13:00-18:00
アイデア創出ワークショップ趣旨説明、飯豊町見学等
8月29日(木)
9:00-18:00
アイデア創出ワークショップ
8月30日(金)
9:00-17:00
アイデア創出ワークショップ、発表とフィードバック

※プログラムはすべて日本語での実施です。

■講師プロフィール:

堀井 秀之
一般社団法人日本社会イノベーションセンター( JSIC )代表理事
i.schoolエグゼクティブ・ディレクター

【経歴】
2009 年よりイノベーション教育プログラム、i.school をエグゼクティブ・ディレクターとして運営し、新しい製品、サービス、ビジネスモデル、社会システム等のアイディアを生み出すことのできる人材を育成。
地域イノベーションをテーマに活動し、活動を発展させる方策として、一般社団法人日本社会イノベーションセンター(Japan Social Innovation Center, JSIC)を2016年に設立し、社会的課題を解決する事業、すなわち社会イノベーション事業を推進する企業の活動を、霞ヶ関の官僚や産業界の方々がアドバイスし、大学生が事業構想の策定や事業の推進に参画することによって支援することを目指している。
著書「問題解決のための『社会技術』」、「社会技術論:問題解決のデザイン」など。

*本イベントは、事前登録必須です。こちらから登録してください。

申込みは締め切りました